ドラゴン桜2|14話あらすじネタバレと感想「最大の欠点」(2巻収録予定)

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

「週刊モーニング」で大好評連載中の「ドラゴン桜2」。

本記事では第14話「最大の欠点」のネタバレと感想について書いていきたいと思います!!

また、ドラゴン桜2の13話あらすじネタバレと感想「運に乗れ」についても別記事でまとめていますので、まだ読んでいない方はそちらの記事も併せてお読みくださいヽ(´∀`)ノ

スポンサードリンク

【ドラゴン桜2】14話「最大の欠点」ネタバレ

センター試験の自己採点で、想像以上に正解数が多いことに喜ぶ菜緒。

昨夜こっそり二人のテストの点数を採点していた水野は、菜緒の点数がそこそこの高得点であることをすでに知っていました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

自宅で朝食をとっている天野に、「今日は学校お休みなのね?」と母親が話しかけています。

天野はうなずくと、母親は続けて3年生の新担任が誰なのかを聞きます。

「ええと、み・・・水野先生」としどろもどろに答えると母親は不審がり、「大丈夫なの?」と聞きます。

「そんなこと知らないよ」とそそくさとリビングを立ち去り、外へ出かける天野なのでした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

場面は再び東大専科へ。

菜緒の自己採点が終わりました。

結果はなんと・・・

394点/900点。

高2の3月時点では充分の好成績だったのです!!

「自信を持っていい」と褒める水野に、菜緒は喜びながら抱きつきます。

「絶対ダメだと思ってたのに・・・」と菜緒がこぼすと、水野はその理由について”菜緒が全問しっかりマークしたからだ“と答えました。

マークをしなければゼロ。マークすれば1/4の確率で正解もある。

マークすればラッキーも生まれる。

これは受験の鉄則なの。

それを聞いた菜緒はホッと安堵している様子。

そんな菜緒を見て(桜木先生の言う通り、ホントに運がいい子なのかも・・・)と思う水野なのでした。

しばらくすると菜緒はスマホを取り出し、天野に連絡して良いか水野に尋ねます。

天野が東大専科を辞めたのは自分のせいだから謝り、戻ってきてもらうように言わないと・・・とかなり責任を感じている様子。

水野はそんな菜緒を見て「ぜひ”全然大丈夫だから”って言ってあげて」と連絡を許可するのでした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

公園のベンチでぼーっとしている天野のもとへ一通のメールが。

「私東大専科に戻ったよ」という菜緒からのメッセージでした。

さらにそのメールには、「センター試験の自己採点をした」という内容も添えられていました。

案外点数が取れてたから、天野君もきっと大丈夫。すぐに戻ってきて」そして最後には迷惑をかけたことに対する謝罪が述べられていました。

しかしそのメールで菜緒が高得点であることを知り、ますます自信を失くしてしまう天野。

いいや・・・このまま東大専科やめちゃおう」と戻る気配がありません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

その日、天野は結局東大専科に戻ってきませんでした。

落ち込む菜緒に対し、「先生これから天野くんを訪ねてみるから」と励ます水野。

「東大専科に戻ってきてもらわないと、天野君に悪くて・・・」と菜緒は目に涙を浮かべます。

放課後、水野は桜木に電話をし、天野の家をこれから訪ねる旨を報告しました。

しかし「あいつのことは放っとけ」と止める桜木。

それでも行こうとする水野に対し、「あいつには自分で戻らせるんだ」と強い語気で命令します。

菜緒には自宅まで行って説得したのに、天野にはなぜそうしないのか。

疑問に思った水野は桜木に尋ねると、桜木は「早瀬と天野は違う。天野は自分で東大専科に戻らないといけないんだ」と答えます。

そして、

でないと東大はおろか受験でことごとく失敗する。

落ちるのがクセになってしまっているんだ。

天野の最大の欠点はメンタルの弱さ。

本番で実力を発揮できない精神面の脆さ。

ここで自力で戻ってきたらまだ見込みはある。

と続けます。

「もし天野が戻ってこなかったら?」と水野が聞くと、「あいつは見放す」と桜木。

そして電話を切られた水野は、菜緒に「天野の家に行く」と言ってしまった手前どうすればいいか悩んでしまいます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

自宅のベッドで横になっている天野。

スマホを開くと菜緒から大量の着信履歴とメッセージが届いています。

電話に出るべきか悩む天野。

しかしなんて話していいのか分からず、うずくまってしまうのでした。

第14話のあらすじはここまでです。

スポンサードリンク

【ドラゴン桜2】14話感想と今後の展開予想!

菜緒、やりましたね!!

すっかり自信を取り戻したようなので、このまま東大受験を邁進していってほしいです^^

そして「自分のせいで天野が辞めてしまった・・・」と涙する菜緒を見て、(ああ・・・この子はホントに優しい子なんだな〜)となんだかしみじみしてしまいました。

一方相変わらずウジウジと悩んでしまっている天野。

桜木がガツンと喝を入れにいくのかと思いきや、まさかの放置で驚きましたw

そして桜木が「天野の欠点は本番で実力を発揮できない精神面の脆さ。」と指摘するシーンを見て、つい前作「ドラゴン桜」の矢島を思い出してしまいました。

矢島もまた本番に弱い受験生でしたが、矢島の場合は”不安を打ち消す為に虚勢を張る”タイプでしたよね。

あの時は「フリースロー対決」で見事矢島を立ち直らせていましたが、今回の天野はどのように壁を乗り越えるのでしょうか・・・。

おわりに

「自力で戻ってこなければ天野は見放す」

物語的には自力で戻ってくるのでしょうが、今のところ戻ってきそうな気配はみじんも感じないですよねw

果たして天野はどのように立ち直るのでしょうか。

15話も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

第13話「運に乗れ」のネタバレ感想に戻る

第15話「完全な失敗」のネタバレ感想に進む→

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^