ドラゴン桜2|15話あらすじネタバレと感想「完全な失敗」(2巻収録予定)

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

「週刊モーニング」で大好評連載中の「ドラゴン桜2」。

本記事では第15話「完全な失敗」のネタバレと感想について書いていきたいと思います!!

また、ドラゴン桜2の14話あらすじネタバレと感想「最大の欠点」についても別記事でまとめていますので、まだ読んでいない方はそちらの記事も併せてお読みくださいヽ(´∀`)ノ

スポンサードリンク

【ドラゴン桜2】15話「完全な失敗」ネタバレ

昨晩は結局一睡も出来なかった天野。

部屋から出ると、丁度学校に行くところだった裕太と出くわします。

「こんな朝早くに学校に行くの?」と天野が聞くと、「バスケ部の朝練・・・」と答えます。

そしてその後は課外授業を受けて、午後は塾に行く・・・というスケジュールのようです。

「大変そうだな」と言うと、裕太は「まあいつものことだから」と家を出て行きました。

そんな裕太を見て天野は

裕太 もう動いてる

一日中何かやってる

なのにボクは一日中考えてる

と、何かに気づいた様子。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

場面は変わり、龍山高校。

桜木と水野が東大専科で生徒を待っています。

水野は天野が来るかどうかを桜木に聞くと、「どうかな・・・ただ宮村に聞いたところ、天野の弟はすごく優秀だそうだ」と答えました。

どうやら桜木は天野の性格が段々掴めてきたようです。

すると菜緒が教室にやってきました。

来て早々、水野に天野が来ているかどうか聞きます。

水野が答えようとする前に桜木は「早瀬!」と声をかけ、

センター394点!すごいじゃないか!」とべた褒め。

驚く菜緒をよそにとにかく褒めまくるので、だんだん菜緒も嬉しそうな表情を浮かべます。

しかし菜緒が天野のことを聞こうとすると「さあホラ席につけ」と、かたくなに天野のことはスルーします。

そしてそのタイミングで天野が教室にやってきました。

菜緒は天野のもとへ駆け寄り、「心配したんだからね」と声をかけます。

菜緒に謝ったあと、桜木と水野にも謝ろうとする天野。

水野は「もういいから さあ座って」と着席を促します。

桜木は「自己採点をしろ」と天野に先日受けたセンターの答案用紙を渡します。

天野が受け取ろうとしたところ・・・

「と思ったが点数を教えてやる。合計点は303点だ

といきなり点数を暴露。

落ち込む天野に対し、桜木は科目別の点数を発表してさらに追い打ちをかけます。

止めようとする水野をよそに「お前はもう少し点が取れてると思ったがな ガッカリだ」と言い放ちます。

「またやっちまったな。完全な失敗だ

惨めな表情を浮かべる天野。

これには菜緒も「ヒドい・・・」と怒りをあらわにします。

しかし桜木はその後にこう続けます。

こういう時は笑うしかない。笑うんだよ

失敗したときは笑えっ!

そして桜木は突然大声で笑い出します!!

つられて笑う天野。

水野と菜緒はそんな二人を呆然と見つめています。

桜木は天野にこうアドバイスします。

他人に損害を与えない失敗なら責任は自分一人だ。

やっちゃったもんはしょうがない。笑って済ませて次へ行く。

大事なことは次をどうするかだ。

その言葉を聞き、完全に立ち直った様子の天野でした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いよいよ東大専科での勉強がスタートしようとしています。

桜木はまず二人に、センターで出来たところと出来なかったところを明確に分けるように指示。

基礎ができていないところを洗い出し、そこをスタディサプリを使って徹底的に勉強し直すことで大幅な点数アップを狙うというのです。

「そこでこのようなチェックシートを使う」と桜木は一枚の紙を取り出しました。

できた できなかった
得意
苦手

その名も「受験マトリックス」。

そして「同時に使うのは付箋 それとスマホだ」と桜木。

  • 受験マトリックス
  • 付箋
  • スマホ

これこそが成績大幅アップにつながる「三種の神器」だというのです!

その意味とは・・・?

第15話のあらすじはここまでです。

スポンサードリンク

【ドラゴン桜2】15話感想と今後の展開予想!

わりとあっさり帰ってきた天野。

行動にフォーカスしている裕太に触発されて立ち直ったということでしょうが・・・もう少し引っ張るのかな〜と思っていたので少し意外でした^^;

そして天野の性格をすぐに見抜き、適切な立ち直らせ方をする桜木はさすがですね!!

物事がうまくいかないとすぐに「失敗した」と落ち込み、ふさぎこんでしまう天野。

そんな天野に対し「他人に損害を与えない失敗なら責任は自分一人だ。笑って済ませてさっさと次に行け」というアドバイスは目から鱗だったでしょうね。

そういえばサッカーの本田圭佑選手が、先日放送されたプロフェッショナルで「失敗は必要な過程だ」という話をしていたのが印象的でした。

「失敗」という表現自体がよくないのかもしれないと。

たしかに、「失敗=いけないこと」みたいなイメージありますもんね。

「失敗」を、本田選手のように「必要な過程」と捉え、桜木の言う通り「笑って済ませて次へ行く」ようにすれば、どんどんスキルを磨くことができるのかもしれませんね^^

今回の話もとてもためになりましたm(_ _)m

そして登場した「三種の神器」。

そうそう、こういうのを待ってたんですよ!!ヽ(´∀`)ノ←

画期的なノウハウな予感・・・いよいよドラゴン桜っぽくなってきましたね^^

三種の神器をどうやって使うのか、次回の話も楽しみです♪

おわりに

桜木が取り出した「三種の神器」。

これを使うことで大幅な点数アップが狙えると言うことですが・・・一体どうやって使うのでしょうか!?

16話も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

第14話「最大の欠点」のネタバレ感想に戻る

第16話「自分と向き合う」のネタバレ感想に進む→

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^