ドラゴン桜2|17話あらすじネタバレと感想「合格の保証」(3巻収録予定)

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

「週刊モーニング」で大好評連載中の「ドラゴン桜2」。

本記事では第17話「合格の保証」のネタバレと感想について書いていきたいと思います!!

また、ドラゴン桜2の16話あらすじネタバレと感想「自分と向き合う」についても別記事でまとめていますので、まだ読んでいない方はそちらの記事も併せてお読みくださいヽ(´∀`)ノ

スポンサードリンク

【ドラゴン桜2】17話「合格の保証」ネタバレ

浪人はしたくない

大学受験で現役合格にこだわる小杉は、第一志望は一橋か早稲田の法学部だと譲りません。

言葉に詰まってしまう田村先生。

「私の進路はきちんと伝えましたので」と小杉は席を立ち、教室から去っていきました。

理系コース担任の水口と理系トップの藤井は、そんな田村をバカにしたような表情でニヤニヤと見つめています。

面談終了後、水口は藤井は「これから東大目指して一緒に頑張ろう」と声をかけます。

しかしこれに対し藤井は「頑張るって・・・何を頑張るんですか?」と水口にもバカにしたような態度をとります。

帰っていく藤井に対し(あいつ・・・)と睨みつける水口でした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

帰り道、田村が向かったのはなんと桜木の弁護士事務所

小杉の進路を東大に変え、水口を見返すためには桜木とだって手を組んでやる。

そう決心した田村は事務所へ入っていきました。

席に着くと、田村はさっそく桜木に小杉の進路について相談します。

東大受験を断られるまでの経緯を聞いた桜木は、田村に「その子が浪人はしたくないと言った後、先生はどうした?」と質問しました。

現役で合格したいから、リスクのある東大受験はしたくないとはっきり言われてしまったので、返す言葉に詰まってしまった・・・と答える田村。

すると桜木は

「なぜその時浪人はさせないと言わなかったのか」

と厳しい言葉を投げかけます。

桜木の言葉に固まってしまう田村。

「絶対に合格させると言う保証はできませんし・・・」とうつむきながら答えると、「口先だけでも保証しろ」と桜木は言います。

教師の最大の仕事は生徒にチャレンジさせ、目標に向かって背中を思い切り押すこと。

だから口約束で構わないから合格保証書を生徒に乱発しろ!と。

額面に「合格」と記した空手形を切りまくれ!

続けて桜木は「浪人はしたくない」と言われて言葉に詰まってしまった田村を叱責します。

生徒は受験で不合格というリスクを背負っている。

教師は保証人となって生徒を守れ

一緒に戦う教師もリスクを取れ!

桜木の言葉に涙を流す田村。

どうやら決心は固まったようです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

同日の夜、田村は小杉を呼び出しました。

田村は改めて小杉に東大受験の話を持ちかけます。

迷惑そうに断る小杉でしたが、

私が絶対に現役合格させるから

と桜木のアドバイス通り、熱い思いをぶつけます。

私が何がなんでも小杉さんを東大に現役合格させる。

全身全霊を傾けて一年間小杉さんのために最大限の努力をする。

だから小杉さん。

私と一緒に頑張って・・・東大へ行こう

田村の言葉に心動かされた小杉は涙を流し、東大受験を決意するのでした。

第17話のあらすじはここまでです。

スポンサードリンク

【ドラゴン桜2】17話感想と今後の展開予想!

まさかの感動回・・・(T_T)

個人的なハイライトは桜木が田村に放ったこの一言。

額面に「合格」と記した空手形を切りまくれ!

良いセリフですよね〜。

受験に不安はつきもの。

すがれるものがないからこそ、先生の「絶対に大丈夫」という前向きな言葉は、たとえ”空手形”であっても生徒にとってはこの上ない安心材料ですよね。

そういえば前作ドラゴン桜18巻で「予言の自己成就」という言葉が出てきたことを思い出しました。

◇「予言の自己成就」とは

たとえ根拠のない予言(=噂や思い込み)であっても、人々がその予言を信じて行動することによって、結果として予言通りの現実がつくられるという現象のこと。

(出典元:コトバンク

桜木は水野と矢島に対し「秋から冬にかけて成績が急上昇する」と言い続けた結果、予言通りセンター直前に成績が大幅に伸び、東大合格レベルへと急上昇していったのです。

今回の話とは少し違うかもしれませんが、「あの頃から桜木の考えは一貫しているんだな〜」と少し嬉しくなってしまいました*^^*

そして話は変わりますが、水口と藤井の性格の悪さが露呈されてしまいましたねwww

てか藤井がバカにした態度をとるのはまだ分かりますが、水口は田村のこと見下しちゃダメでしょ(゚ロ゚;

第7話「頑張らない」では仲良く結託していたのに・・・笑

今回の話で田村の桜木に対する評価は変わったでしょうし、今後は「桜木vs田村&水口」から「桜木&田村vs水口」という構図になっていくのかもしれませんね。

展開的には

  • 菜緒、天野、小杉 ⇒ 東大合格!
  • 藤井 ⇒ 不合格・・・

となりそうな予感・・・。

水口と藤井の態度が変わる展開に期待したいですね・・・w

おわりに

田村のアツい誘いにより、東大受験の決心が固まった小杉。

難関大コースも無事、東大合格へと動き出していけそうですね。

18話も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

第16話「自分と向き合う」のネタバレ感想に戻る

第18話「ミスをなくせ!」のネタバレ感想に進む→

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^