ドラゴン桜2|18話あらすじネタバレと感想「ミスをなくせ!」(3巻収録予定)

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

「週刊モーニング」で大好評連載中の「ドラゴン桜2」。

本記事では第18話「ミスをなくせ!」のネタバレと感想について書いていきたいと思います!!

また、ドラゴン桜2の17話あらすじネタバレと感想「合格の保証」についても別記事でまとめていますので、まだ読んでいない方はそちらの記事も併せてお読みくださいヽ(´∀`)ノ

スポンサードリンク

【ドラゴン桜2】18話「ミスをなくせ!」ネタバレ

いよいよ今日から「東大専科」の本格的な勉強がスタートします。

まずは二人の「受験マトリックス」を確認する水野。

※受験マトリックスの作り方はコチラ

>>>16話あらすじネタバレと感想「自分と向き合う」

そして二人に現時点での「受験マトリックス」の表をスマホで撮影させたあと、今回の結果をふまえてどのように成績を伸ばしていくかを説明していきます。

「得意」かつ「できた」の欄に項目を増やしていく際に重要なのは「勉強する順番」だと水野は言います。

ここを間違えてしまうと今後の受験勉強に大きな支障をきたしてしまうというのです。

正しい順番は下記の通り。

①「得意」で「できなかった」

②「苦手」で「できた」

③「苦手」で「できなかった」

③の「苦手」で「できなかった」項目を後回しにする理由は、克服するのが一番大変だから。

はじめにここでつまずくと勉強意欲が一気に下がってしまうのです。

受験勉強にスムーズに入っていくためにも、まずは得意科目からがっちり固めて自信をつけることが大切だと水野は説明しました。

そして①「得意」で「できなかった」項目を間違えてしまったのは単純にミスをしてしまったから。

こういった軽率な失点は試験において致命的な結果につながりかねません。

得意分野を完璧な得点源にするために、水野は以下の順番で勉強するよう指示しました。

①まず解答冊子を読み、問題の解法を理解する。

②スタディサプリで基礎を学習する。

そして水野は、2人に英語から勉強するように指示。

理由は2つあり、1つ目は「スタディサプリの使い方に慣れるため、二人で一緒に勉強できる科目から始めるのが良いから」というもの。

そしてもう一つが「大学受験において英語は最重要科目だから」と水野は説明します。

  • 英語でしっかり点が取れないと総合点で合格圏内に入れないことが多い
  • 英語は覚えることが多いので、得意になるまで時間がかかる

水野の説明に納得した菜緒と天野は早速スタディサプリで「得意」で「できなかった」項目から学習をスタートしました。

スタディサプリに登場した英語の講師は、なんとかつて龍山で英語講師をしていた川口先生。

講義の動画を見て、思わず水野も「懐かしいこのカンジ!」と嬉しそうな表情を浮かべます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

場面は変わり職員室へ。

「東大専科がスタディサプリを使って勉強している」と早速噂が広まっています。

「ITを用いた勉強」という、相変わらず斬新な方法を取り入れている桜木に感心する宮村と高原。

「いっそのこと桜木理事と協力して全校でスタディサプリを導入してはどうですか?」と宮村は提案しますが、保守的な考えの高原はこれを却下。

宮村先生は少し不満そうな表情を浮かべます。

「スタディサプリ」の噂は難関大コースの教員にも伝わっていました。

「東大専科 スタディサプリを使って勉強か・・・」と水口は感心していますが、田村は水口のことを無視しています。

それはそうと、文系の東大志望者は他にいましたか?」と聞く水口。

田村は「小杉さんが受験します」と答えました。

水口は、どうやって説得したのか聞こうとしましたが、「いいじゃないですかそれは・・・」と田村は立ち去ってしまいます。

私を軽蔑したことは絶対に許さないから。)と田村は水口のことをかなり恨んでいる様子。

前回の一件で、難関大コースの仲は完全に亀裂が入ってしまっていました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

場面は再び東大専科。

一回目の授業を終え、川口先生の話題で盛り上がっています。

談笑を終えると、水野は「川口先生の授業を完全に理解するためにこの機材を使います」とビデオカメラを取り出しました。

学習した内容を、今から二人で教え合うように指示する水野。

教え合う学習を行えばレベルアップ間違いなし!

と語ります。

二人はまだ水野の言葉の意味を飲み込めていないようでした。

第18話のあらすじはここまでです。

スポンサードリンク

【ドラゴン桜2】18話感想と今後の展開予想!

スタディサプリにて川口先生登場!!

7話「頑張らない」でチラッと出てきたもののその後は全く触れられていなかったので、もう出てこないのかな?と思っていました・・・(T_T)

懐かしのキャラが出てくると、どうしてもテンション上がってしまいますね!

柳先生や芥山先生もスタディサプリの講師として出てきてくれるのでしょうか・・・出てきてほしい。

そして案の定「難関大コース」は分裂気味でしたねwww

まぁそりゃそうだ。

一度でも不信感を持たれたら、なかなか信頼を取り戻すのは難しいですよ水口先生・・・_(´ཀ`」 ∠)_

ちょっと前まで良い人そうな雰囲気が出ていたのに、ここ数話ですっかり水口先生の評価がガタ落ちしてしまいましたね・・・。なんとか巻き返していただきたい笑

東大専科の受験勉強がいよいよスタート。

①「得意」で「できなかった」

②「苦手」で「できた」

③「苦手」で「できなかった」

の順番で勉強するというのはとても理にかなった方法ですよね!!

私は「好きなものは最後にとっておく」タイプなので、つい③から勉強してしまっていたのですが、水野のいう通り早々にやる気が落ちて投げ出してしまっていましたw

得意なところから徐々に固めていく・・・精神衛生的にも良さそうですね!

勉強する際にぜひとも取り入れていきたいノウハウです。

次回はビデオカメラを使って「二人で教え合う」ことの大切さにフォーカスされていきそうです。

人に教えると理解が深まる・・・というのは良く聞きますが、なんでビデオカメラ?って感じですよね(・_・;

どうやって使っていくのか、続きが気になります!

おわりに

ついにスタディサプリを使った学習をスタートした東大専科。

ビデオカメラをどのように使っていくのか、19話も楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

第17話「合格の保証」のネタバレ感想に戻る

第19話「」のネタバレ感想に進む→

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^