猛毒ヒョウモンダコに噛まれた時の症状!特徴や見分け方・対処法も調査!

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

出典元:http://www.town.okagaki.lg.jp/s027/010/010/030/201502050604.html 

猛毒をもつタコ・ヒョウモンダコが福岡の海岸で発見されました。

噛まれるとどのような症状が出てしまうのでしょうか。

また、特徴見分け方見つけた時の対処法についてもまとめています。

スポンサードリンク

ヒョウモンダコに噛まれた時の症状は!?

ヒョウモンダコは”テトロドトキシン“という毒を持つ猛毒タコです。

“テトロドトキシン”とはフグにも含まれる猛毒で、万が一噛まれてしまうと最悪の場合死に至ることもあるようです。

気になる症状がこちら。

第1段階
指先や口唇部および舌端に軽い痺れ。目眩により歩行困難。頭痛や腹痛の場合も有り。

第2段階
運動麻痺が進行、嘔吐、知覚麻痺、言語障害、呼吸困難、血圧降下。

第3段階
全身の麻痺症状、骨格筋の弛緩、呼吸困難及び血圧降下が進行。

第4段階
意識の消失、呼吸停止。死亡。(但し、呼吸停止後も暫くは心臓の拍動が続くことがある)

(出典元:Wikipedia)

これを見るだけでも、かなりの猛毒であることがわかりますよね・・・。

次に、ヒョウモンダコの特徴や見分け方を見ていきましょう。

特徴や見分け方が気になる!

ヒョウモンダコの特徴をまとめてみました。

【体長】10cmほど

【色】うす茶色(興奮時は青い輪や線の模様のある明るい黄色に変化)

【生息地】温暖な海の ①浅瀬の岩礁 ②珊瑚礁 ③砂礫(されき)底 に生息。

【その他特徴】泳ぎは不得意で、海底をゆっくり這うような動作をする

体長は10cmとかなり小柄なサイズで、普段は地味な薄茶色であるため、もしかしたら近くを泳いでいても気付けないかもしれませんね・・・。

◇通常時:

出典元:http://www.town.okagaki.lg.jp/s027/010/010/030/201502050604.html 

◇興奮時:

驚いたり刺激をしたりするとこのように色を変え、敵を威嚇するのが特徴です。

スポンサードリンク

見つけた時の対処法は?

ヒョウモンダコを見つけた場合はすぐに離れるようにしましょう。

絶対に捕まえたり、触ったりしてはいけません。

先ほどもお伝えした通り、ヒョウモンダコの唾液にはフグ毒として有名な”テトロドトキシン”が含まれており、噛まれてしまうと最悪の場合死に至ることがあります。

ですのでヒョウモンダコからはすぐに離れ、できればお近くの「水産海洋技術センター」に通報するようにしましょう。

全国の水産海洋技術センターはこちら

万が一噛まれてしまった場合は?

万が一ヒョウモンダコに噛まれてしまった場合は、すぐに海から上がり、近くにある医療機関で治療を受けてください。

毒性が強いため、傷口から毒を口で吸い出すなどの行為は危険です。絶対にやらないでください。

また、呼吸困難の症状が出ている場合はすぐに救急車を呼び、救急隊が来るまで人工呼吸で対処するようにしてください。

おわりに

  • ヒョウモンダコに噛まれると、歩行や呼吸が困難になり、最悪死に至るケースもある
  • 普段はうす茶色をしているが、興奮時は青い模様のある明るい黄色に変化するのが特徴
  • 見つけた場合は絶対に近づかない

というのが今回のまとめです。

フグと同じ毒を持つタコ。考えただけでも恐ろしいですよね・・・。

見つけた場合は、絶対に近づかないように気をつけましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^