DAOKO×米津玄師「打上花火」歌詞やCD発売日は?PVの視聴はどこでできる?

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

引用:http://www.uchiagehanabi.jp/index.html

人気ラッパーのDAOKO(ダオコ)と、

同じく人気ミュージシャンの米津玄師(よねづけんし)

がタッグを組んだことで話題になっている「打上花火」。

8月16日にリリースされ、

早くも話題を呼んでいます。

この曲は、8月18日に公開される

アニメーション映画

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

の主題歌で、

米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを手掛け

「DAOKO×米津玄師」として歌っている1曲です。

さらに、この2人には

意外な共通点があることからも

注目の1曲となっています。

スポンサードリンク

もりだくさんのシングル「打上花火」

引用:https://ameblo.jp/morino-mori/entry-12303995710.html

広瀬すずさんらが声優を務める事でも話題になっている

「打ち上げ花火、下か見るか?横から見るか?」

の主題歌となっている「打上花火」。

シングルとはいえ、

その内容は盛りだくさんとなっています。

カップリングには

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

の原作ドラマの主題歌

「Forever Friends」の

DAOKOによるカバーも

収録されているというのだから、

かなりの豪華版。

どっぷりと

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

の世界観に浸ることができる

シングルとなっています。

Vocaloidが二人を結んだ?!

引用:http://reissuerecords.net/profile/

DAOKOは、

中学生の時にニコニコ動画に投稿したのをきっかけに

インディーズレーベルに入っている為、

米津が「ハチ」という

別名で活動していた頃から、

その存在を知っていたそう。

「よく考えたらVocaloidは私の音楽のルーツ」

と話し、

そのルーツの部分を司っていると言っても過言ではない

米津とのコラボは

「音楽をやっててよかったな」

と思うほどの出来事だったそう。

対して米津はというと、

実は自分の声にコンプレックスがあったとか。

「もっと爽やかに歌えないものなんだろうか」

と自身の声に苛立ち

「自分の声が嫌いだった」とまで公言している。

そんな時にライブで歌うDAOKOの声を聴き、

自分とは真逆のはかない繊細な声を持つ

彼女に曲を作る事によって

何か新しい表現が出来るのではないか

という予感からこのタッグが実現したようです。

「打ち上げ花火」の歌詞は?曲はどこで聞ける?!

米津らしさが溢れる旋律に、

繊細なDAOKOの声を乗せた「打ち上げ花火」。

YouTubeにて映画バージョンと、

DAOKOのPVの両バージョンが見れるようですね。

映画バージョン

DAOKOのPV

さらに気になる歌詞を載せたサイトがこちら

⇒Uta-Net(外部リンク)

おわりに

「夏の切なさみたいなものを凝縮できるような曲にしたい」

と米津が話し、

それにこたえるようにDAOKOも

「淡々とした凪みたいな感じで歌った」

とことにより、

切なさが溢れる名曲に

仕上がっているようです。

さらに米津の声が入ることにより

「一緒に歌っているのに違うものを見ている」

演出となり、

より映画の主題に寄り添った

1曲となっているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^