映画「打ち上げ花火」ロケ地はどこ?興行収入やみんなの評価も気になる!

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B2%A1%E7%81%AF%E5%8F%B0

1993年に奥菜めぐみさん主演で放送された

ドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」。

多くの人々の胸をキュンとさせた甘酸っぱい作品が、

なんと24年の時を経て

アニメーション映画としてリメイクされました!

声優陣に広瀬すず、菅田将暉、宮野真守という

豪華キャストが配されたことでも

大きな話題になっていますよね。

そんな、映画「打ち上げ花火」の

ロケ地や気になる興行収入、

そして観客の評判などを調べてみました!

スポンサードリンク

 興行収入と評価は?!

8月19日~20日の国内映画ランキング

(全国週末興行成績・興行通信社提供)によると、

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は第3位にランクイン!

8月18日より全国301スクリーンで公開され、

土日2日間で動員22万人、

興収2億9500万円を記録しています。

18日~20日の3日間で

合計4億6000万円を記録!

広瀬すずら

今をときめく若手俳優を声優陣に配したのが

功を奏したか、

10代の若者や女性を中心に、

原作ファンだったと思われる

50代まで幅広い層を動員しています。

全体としては、

興収20億円前後が見込めそうです。

ところが、この興行成績と裏腹に

低評価なのが見た方の感想。

「ドラマの方が断然よかった」

という声がちらほら聞こえてきます。

「ドラマに、より深みを持たせてて良い!」

という声もあるので、

これは好き嫌いが分かれる作品に

なったかもしれません。

スポンサードリンク

 ロケ地はどこ?

もともとはドラマとして作られた

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」。

千葉県の兆子を中心にロケが行われていたようです。

当時のロケ地がそのままアニメにも生かされており、

早速「聖地めぐり」に出かけている方も多いよう!

いくつか印象深いシーンのロケ地をご案内しますね。

飯岡駅(千葉県旭市後草2058-1)

引用:http://train.gomi.info/train-soubuhonsen.html

典道となずなが電車を待つシーンに使われました。

残念ながら駅舎は建て替えられてしまいましたが、

ホームには当時の面影があります。

銚子市立豊岡小学校(千葉県銚子市八木町1758)

引用:http://www.city.choshi.chiba.jp/edu/school/es_oka/

原作では小学生だった主人公たちが通う学校です。

物語の発端となるプールも、

どうやらこの小学校のものをモデルにした様子。

飯岡灯台(千葉県旭市上永井1309-1)

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B2%A1%E7%81%AF%E5%8F%B0

物語の重要なシーンを担う灯台がこちら!

灯台の光が「LOVE」に見えると、

そのカップルは上手く行くという噂もある灯台です。

おわりに

映画の舞台となった千葉県旭市が、

映画公開の8月18日から、2018年2月17日まで

「打ち上げ花火」のキャラクターを描いた

ラッピングバスを運行させています!

更に8月18日から9月30日までは

「『もしもに出会う』スタンプラリー」が同時開催。

「飯岡刑部岬展望館~光と風~」と

「道の駅季楽里あさひ」の2か所にスタンプが設置されます。

ラッピングバスに乗って、

映画の世界を満喫してみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^