藤井聡太七段|七大タイトル挑戦は最短でいつ?棋戦スケジュールを調査!

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

出典元:https://mynews23.com/11802.html

5月18日に竜王戦5組ランキング戦準決勝に勝利し、七段に昇段した藤井聡太さん

昨年の29連勝がまだ記憶に新しいですが、一体藤井聡太七段の快進撃はどこまで続くのでしょうか・・・!

そしてそろそろ期待したいのが藤井七段の「七大タイトル」挑戦。

入段2年目でまだ気が早いかもしれませんが、藤井聡太七段ならやってくれそうな気もしますよね!

そこで今回は、現在の七大タイトルの棋戦スケジュールを調べ、最短でいつ挑戦できる可能性があるのか調べてみました!

※棋戦情報は2018年5月19日時点のものになります。

スポンサードリンク

藤井聡太七段のプロフィール

生年月日:2002年7月19日(15歳)

出身地:愛知県瀬戸市

師匠:杉本昌隆七段

竜王戦:5組

順位戦:C級2組

主なタイトル:朝日杯将棋オープン戦 優勝(2018年2月)

藤井聡太七段の七大タイトル挑戦はいつ?

将棋棋戦の花形である「七大タイトル」。

  • 竜王戦(羽生善治)
  • 名人戦(佐藤天彦)
  • 王位戦(菅井竜也)
  • 王座戦(中村太地)
  • 棋王戦(渡辺明)
  • 王将戦(久保利明)
  • 棋聖戦(羽生善治)

※()内は2018年5月19日時点のタイトル保持者

の7つで構成されています!!

いま藤井聡太七段はどの棋戦で勝ち進んでいるのか、棋戦ごとに見ていきましょう!!

竜王戦

結果:予選決勝進出!!

竜王戦は変則トーナメント方式の棋戦。

1〜6組に分かれて各予選トーナメントを行い、

  • 1組⇒5名(優勝〜5位まで)
  • 2組⇒2名(優勝、準優勝のみ)
  • 3組〜6組⇒各1名(優勝者のみ)

で「挑戦者決定トーナメント」を行い、そこでの優勝者が「竜王」のタイトル保持者に挑戦することができます!!

現在藤井聡太七段は「5組」に所属しており、現在決勝にコマを進めています!!

◇第31期竜王戦【5組】ランキング戦

出典元:https://www.shogi.or.jp/match/ryuuou/31/5hon.html

※5月18日に準決勝で勝利

ですので、「5組」の決勝で石田直裕五段に勝利し、夏に行われる「挑戦者決定トーナメント」を優勝すれば10月に行われる「竜王戦」のタイトルに挑戦することができます!!

名人戦

結果:現在C級1組に在籍中

名人戦は

  • A級
  • B級1組
  • B級2組
  • C級1組
  • C級2組

の5つのリーグで構成されており、毎年6月〜3月にかけてリーグ戦を行い、その結果で各リーグの昇格(or降格)が決まります。

そして最上位である「A級リーグ」での優勝者が「名人」のタイトルに挑戦することができます。

現在藤井聡太七段は「C級1組」に在籍しているため、リーグを優勝したとしても「B級2組」に昇格のみで名人に挑戦することはできません。

毎年1クラスずつ昇格を積み重ねていくしかないので、名人挑戦には最短でも4年かかってしまう計算です^^;

スポンサードリンク

王位戦

結果:予選敗退・・・

王位戦は8つのブロックに分かれた予選トーナメントを勝ち抜き挑戦者リーグに入り、そこで優勝することで「王位」のタイトルに挑戦することができます。

藤井七段は予選準決勝で大橋四段に敗退しているため、2018年度は「王位」挑戦を狙うことができません。

王座戦

結果:挑戦者決定トーナメントベスト8進出!

王座戦は一次予選、二次予選・・・と勝ち抜き、「挑戦者決定トーナメント」で優勝することで「王座」のタイトルに挑戦することができます。

藤井七段はなんと一次予選からスタートしたにも関わらず順調に勝ち進み、現在「挑戦者決定トーナメント」のベスト8までコマを進めています!!

◇第66期王座戦 挑戦者決定トーナメント

出典元:https://www.shogi.or.jp/match/ouza/66/hon.html

次は羽生竜王vs深浦九段の勝者と対局することとなります。

「挑戦者決定トーナメント」を優勝できれば、9月に「王座戦五番勝負」に挑戦することができます!!

スポンサードリンク

棋王戦

結果:予選決勝進出!!!

棋王戦は予選トーナメントを勝ち抜き、予選勝ち抜き者と予選シードの棋士で争う「挑戦者決定トーナメント」で優勝することで「棋王」のタイトルに挑戦することができます。

現在藤井七段は予選決勝まで駒を進めています!

◇第44期棋王戦 予選トーナメント

出典元:https://www.shogi.or.jp/match/kiou/44/yosen.html

次回対局は中村亮六段。

予選を勝ち抜き、挑戦者決定トーナメントも優勝すれば、2019年の2月に「棋王」のタイトルに挑戦することができます^^

王将戦

結果:一次予選敗退・・・

王将戦は一次予選、二次予選・・・と勝ち抜き、「挑戦者決定トーナメント」で優勝することで「王将」のタイトルに挑戦することができます。

残念ながら「王将戦」は一次予選の準々決勝で井上九段に敗退してしまいました。

王将のタイトル挑戦は来年度に持ち越しですね・・・。

棋聖戦

結果:5月から予選開始

棋聖戦は一次予選、二次予選・・・と勝ち抜き、予選勝ち抜き者と予選シードの棋士で争う「挑戦者決定トーナメント」で優勝することで「棋聖」のタイトルに挑戦することができます。

「第90期ヒューリック杯棋聖戦」はまだ開催しておらず、現在は組み合わせのみ決まっている段階です。

藤井七段は一次予選からのスタートとなり、里見香奈女流五冠と村田智六段の勝者と対戦します。

結論

藤井七段の「七大タイトル挑戦」ですが、順調に勝ち進めば、

2018年9月に開催される王座戦五番勝負

が最短となりそうです!!

次回の対局は「羽生竜王vs深浦九段」の勝者で、しかも別の山にもタイトル保持者や実力者がウヨウヨいるという厳しい状況。

ですが藤井七段は「朝日オープン戦」で佐藤名人と羽生竜王を破って優勝した実績もありますし、勝ち進んでもおかしくないですよね!!

ぜひ頑張ってもらいたいです^^♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^