【ガキ使】ガースー菅賢治のクビで降板の真相は?斉藤敏豪(ヘイポー)って誰?

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

引用:https://matome.naver.jp/odai/2138867680276604701

2017年もあっという間で気付けばあと一ヶ月ですね。

大晦日といえば紅白を思い浮かべる方も多いかと思いますが、

同じぐらい人気を集めているのが”ガキ使”こと

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の24時間シリーズです^^

毎年ゲラゲラ笑って気付いたら

年を越している方も多いのではないのでしょうか。

そんなガキ使ですが、今年は何やら大幅な変更があるようです・・・!!

中でも一番気になる番組モチーフが

“ガースー”から”ヘイポー”に変更なったことについて調べてみました!

スポンサードリンク

今年のガキ使は内容が一新!!

毎年違うテーマでお茶の間を楽しませてくれるガキ使ですが、

今年は「アメリカンポリス」がテーマのようですね!!

今年も『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(31日18:30~24:30)が放送されるが、今回は、ダウンタウン(松本人志、浜田雅功)、月亭方正、ココリコ(遠藤章造、田中直樹)の5人が、新人アメリカンポリスに扮し、「ヘイポー州立おまめ中央警察署」でさまざまな研修を実施。数々な笑いのトラップに笑ってしまうと、お尻を叩かれるお仕置きを受けることになる。(引用:livedoorニュース

しかし読んでいくうちに気になる文言が。

「ん?ヘイポー州立おまめ中央警察署?ガースーじゃなくて?」

当番組のモチーフには”ガースー”こと菅賢治を用いることが恒例でしたが、

なんと今年は違うようです。

これまで、舞台のモチーフは、元プロデューサーの菅賢治氏(ガースー)となっていたが、今回からヘイポーに変更。遠藤は「今までと全然違う『絶対に笑ってはいけない』になります。昨年までは、こんなことが起きると次はどうなる、など何となくのパターンが決まっていたのですが、今年からは良い意味でことごとく裏切られたり、もしくはその裏をかいてそのまま来たりと、いろんなところで新しくなります」と予告した。(引用:livedoorニュース

ガースーが降板した理由とは・・・?

そしてヘイポーとは誰なのでしょうか。

ガースー(菅賢治)降板の真相は?

年末ガキ使を象徴する存在となっているガースーですが、

なんと2014年3月末に日本テレビを退職されています。

その後はフリーのプロデューサーとして3年間に渡って

ガキ使を支えてきましたが、2017年2月にめでたく”卒業”。

一部メディアではガースーがガキ使を”クビ”になった、と報じていましたが、

そちらに関してはダウンタウンの松本さんが公式Twitterで否定しています。

スポンサードリンク

斉藤敏豪(ヘイポー)って誰!?

そんなガースーの代わりに番組のモチーフとなったヘイポーですが、

誰!?と思った方も多いはず。

ヘイポーこと斉藤敏豪さんについて調べてみました。

■斉藤敏豪(ヘイポー)のプロフィール

名前  :斉藤 敏豪(さいとう としひで)

生年月日:1954年11月16日(63歳)

出身地 :東京都品川区

出身校 :東京都立三田高等学校卒業

職業  :テレビ演出家

ガースーとは日テレの同期で、

ガキ使には放送開始当初から演出家として携わっています。

なんでヘイポー?と思って調べてみたところ、

声がこもりすぎて「斉藤です」が「ヘイポウです」に聞こえたのがきっかけなんだとか。

どんだけ声がこもったらヘイポウになるんですかね・・・^^;

ガキ使では総合演出を務めていましたが、

現在はアドバイザーという立場で変わらず番組をサポートしているようです。

まとめ

ガースーがモチーフではなくなったのは

番組を卒業したのがきっかけだったんですね。

少し寂しい気持ちもありますが、

これからはヘイポーが新しい”年末ガキ使の顔”として、

お茶の間を支えてくれる事でしょう。

今年の大晦日のガキ使が楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^