ベストキッドに出演していた子役の現在!ジェイデン・スミスはどうなった?

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

2010年に公開された映画「ベストキッド」。

名優と名高いウィル・スミスがプロデューサーとなり、ジャッキー・チェンが出演と言うゴールデンタッグでも話題になった作品です。

80年代を代表する世界的なヒット映画のリメイク版でもあったため、かなりの注目を集めていました。

そして、その「ベストキッド」の主人公ドレ役を、ウィル・スミスの実の息子であるジェイデン・スミスが射止めた事でもより一層話題になったものです。

スポンサードリンク

ジェイデン・スミスの経歴が凄すぎる?!

父親はウィル・スミスというだけでも、十分なネームバリューがありますが、ジェィデンの凄いところは実力を兼ね備えている所。

ここでは彼の輝かしい功績を紹介したいと思います。

ジェイデン・スミスの家族構成が凄い!

1998年生まれのジェイデン

父親はアメリカでトップの人気を誇るウィル・スミス、母親は女優のジェイダ・ピンケット・スミスです。

妹は歌手やダンサーとして活躍中のウィロー・スミス

芸能一家に育った正真正銘のサラブレッドです。

ジェイデン・スミスの経歴が眩しすぎる

2006年に8歳で、スクリーンデビューを果たしたジェイデン・スミス

デビュー作の「幸せのちから」で、父ウィル・スミスとの共演も話題でしたが、なによりその演技力が多くの注目を集めました。

その後、2008年にはキアヌ・リーブスと共演した映画「地球が制止する日」で、サターン若手俳優賞を受賞。

2010年には「ベストキッド」で主役の座を射止め注目を集めました。

2011年にはイギリスの人気歌手ジャスティン・ビーバーの自伝映画「ジャステンビーバー ネバー・セイ・ネヴァー」に本人役として出演し、

ジャスティンとも「Never Say Never」をフューチャーしたことでも話題を集めました。

2013年には、「アフター・アース」で再び父親のウィル・スミスと共演

順調に映画俳優としてのキャリアを積んでいます。

スポンサードリンク

ジェイデン・スミスの気になる現在は?!

着実に映画俳優としてのキャリアを積んでいるジェイデン・スミス

2011年には妹のウィロー・スミスと2人合わせて、なんと$900万(日本円にすると約7億円稼いだと報じられています。

デビュー当時は、あどけない表情で思わず抱きしめたくなるような子供でしたが、今や立派な青年に成長したようです。

そんなジェイデン・スミスが、最近驚くような活動をしているようです。

え?ほんと?ジェイデンがラッパーに?!

なんと2012年に「Give It To Em’」で、本格歌手デビューを果たしていたのです。

声がわりも終わり、少年から青年へと成長したジェイデンが、クールなラップ・パフォーマンスを見せています。

妹のウィローも歌手として活躍していますので、この家族の多才ぶりには驚かされるばかりですね。

ファッションもすごい?!

どちらかと言うと小柄であるジェイデンは、普段からレディースファッションを好むことが多いそう。

恋人と共にスカートをはいてプロムに出席した事でも話題になっています。

現在はかなりのドレッドヘアで注目を集め、なによりもその端正なマスクが世界中の女性のハートをつかんでいるようです。

おわりに

映画界のサラブレッドであり、ラッパーとしても活躍中のジェィデン。

気になる俳優業はと言うと・・現在は2018年公開予定の、カーラ・デルヴィーニと共演する映画「ライフ・イン・ア・イヤー」の撮影中とのこと。

俳優としてもラッパーとしても注目を集め続けるジェイデン・スミスから目が離せませんね!

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^