1万円の廃止時期はいつ?メリットやデメリットをまとめてみた

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

1万円札がなくなるのではないかと話題になっていますよね。

「1万円がなくなる?冗談でしょ?」と思わず耳を疑いたくなってしまうようなニュースですが、そもそもどうして1万円札を失くしてしまおうなんて話が出てきたのでしょうか。

また、1万円札を廃止することによってどのようなメリットやデメリットが生じるのでしょうか。

今回はそんな1万円札の廃止について詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

1万円の廃止時期はいつなのか?

1万円札が廃止されるかもしれないなんてショッキングなニュースですが、もし廃止されるとしたら、時期は一体いつ頃になるのでしょうか?

そこで、1万円の廃止時期を調べたところ、7年後の2025年ごろを目処に廃止を進めていこう、という話が出ています。

また、政府関係者が取材に対して「1万円札廃止に向けての検討チームが発足された」とも発言しています。

「インドでの成功例を受け、日本でも1万円札と5000円札を7年後をメドに廃止する検討チームが日銀内で立ち上がったと聞きました。ドルやユーロとも歩調を合わせるということらしい」

(引用:1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?

しかしその実態は「検討チーム」ではなく、官僚達数人による単なる「非公式な勉強会」という可能性もあるようです。

“検討チーム”と”勉強会”では、全然意味合いが変わってきてしまいますよね^^;

もしかしたら、単に他国の成功事例を交えて勉強会を立ち上げたにも関わらず、

それを聞きつけた政府関係者が「検討チームが立ち上がって具体的に話を進めている!」と誤った解釈をしてしまったのかもしれません。

1万円の廃止する理由は何か?

そもそもどうして1万円札を廃止しなければいけないのでしょうか。

その理由を調べてみると、どうやらキャッシュレス化が世界で急速に広まっていることを受けて、日本でも取り入れようとする動きが出ているようなのです。

日本国内で流通している現金は約100兆円にも上ると言われているのですが、これは世界的に見てもかなり多い金額なんだとか。

実際に海外では高額紙幣の廃止が進んでおり、

シンガポールでは2014年に1万シンガポールドル(約83万円)が廃止され、

インドでも2016年11月に1000ルピー札(約1500円)、500ルピー札(約760円)が廃止されています。

確かに今ではクレジットカードがあればどこでも買い物が出来てしまうし、Amazonや楽天などネットショッピングも主流になってきました。

昔と比べて現金の必要性が低くなっててきている、ということは確かです。

しかし、いきなり1万円札がなくなると言われても、正直ピンときませんよね。

もし1万円札が廃止になってしまったら、私たちにどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

1万円札を廃止することのメリットは?

1万円の廃止することのメリットはどこにあるのでしょうか。

廃止のメリットとして考えられるのは、

  • マネーロンダリングの防止・抑止策電子決済などのシステム拡大により不当不正な取引や脱税行為の防止ができる。
  • 紙幣の製造コストおよび管理コストが削減できる。
  • 電子マネー社会の普及本格的にキャッシュレス社会が浸透し、決算がスムーズになる

などが挙げられます。

不正な手口で入手したお金の出所をわからなくなるマネーロンダリングの防止や、紙幣製造コストを削減できるのは確かにメリットですよね。

ちなみに、紙幣の製造コストは下記の通りです。

10000円札=約22.2円

5000円札=約20.7円

2000円札=約16.2円

1000円札=約14.5円

(引用:お金の原価を調べてみた。インフレになったら「札束は紙くず同然になる」は本当だった…

あれ・・・以外と安い・・・?

紙幣って複雑な作りをしているのでもっと金額がかかるのかと思っていましたが、意外と20円前後で作れてしまうんですね。

しかし紙幣は年間で約30億枚発行されています。

こちらは平成29年度の紙幣の製造枚数です。

引用:http://www.mof.go.jp/currency/bill/lot/2017ginnkoukennkeikaku.html

1枚20円前後といっても、これだけ大量に刷られていれば、毎年莫大なコストがかかっているのは明らかですよね・・・(゚o゚;

そう考えると電子マネーを取り入れれば、国家予算の削減にかなり寄与できそうです。

1万円札を廃止することのデメリットは?

一方で、1万円札を廃止することのデメリットはどこにあるのでしょうか。

一般的に言われているのが、

  • 使いこなすまでの不便さが心配される。
  • 現金主義の人にとっては肩身が狭くなる。
  • ハッキングなどの心配が高い。

などですね。

先ほど高額紙幣を廃止した例でインドを上げさせていただきましたが、紙幣を廃止された当初はインド国内では大混乱が起きていたようです。

でもたしかに、「明日から1万円札と5千円札使えないから」なんていきなり言われたらどうしていいかわからなくなってしまいますよね^^;

インドでの混乱は4ヶ月ほどで収束したようですが、新しいシステムに慣れるまでに日常生活が不便になってしまうことは避けられなそうです。

また、電子マネーにすることで空き巣や強盗などに現金を盗まれる心配はなくなりますが、ハッキングやシステムのエラーを考えると、必ずしも防犯性が優れているとは言いがたいですよね。

その他にも「結婚のご祝儀」や「お年玉」など、日本ならではの現金を用いた文化もあります。

電子マネーのお年玉とか、なんかイヤですよね・・・_(´ཀ`」 ∠)_

1万円廃止のニュースに対する世間の反応は?

最後に、1万円札廃止について、世間はどのように感じているのでしょうか。

1万円札廃止に賛成派の意見

1万円札廃止に反対派の意見

まとめ

1万円札が廃止されると聞いて驚いてしまった人も多いのではないでしょうか。

確かに、キャッシュレス化が急速に進む傾向があり、コスト削減に繋がるのは素晴らしい事でもありますが、やはり1万円札が無くなってしまうと不便にも感じますよね。

すぐに1万円札が無くなってしまうなんて事はないかとは思いますが、廃止に関してはやはり賛否両論あります。

将来、現金主義の人も、仮想通貨や電子決済を利用している人も不便に感じることがなく、より利用しやすい社会になってくれるといいですよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^