【トラブル】メルカリの横取り対策・対処法まとめ!

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^

インターネット上のフリーマーケットとして大人気の「メルカリ」。

最近はテレビCMなども頻繁に流れ、誰もが気軽に利用するまでに普及していますよね。

気軽さとしては、ヤフーオークション(ヤフオク)も同じです。

しかし、メルカリが人気な理由は、完全なフリーマーケット方式であること。

最も高い金額をつけた購入希望者が商品を購入できるセリ方式とは違い、出品された商品の金額が提示金額より上がることはなく、購入希望者の交渉次第では値段が下がることもあるという魅力からなのです。

しかし、最近はそんなメルカリにも様々なトラブルが出始めています。

今回は、メルカリでのトラブルと、その対応策をご紹介したいと思います。

関連記事>>>【メルカリのトラブル】商品が届かない場合はどうなる?対処法を調査!

スポンサードリンク

メルカリでは商品の横取りがある?!

メルカリには、事前に決めた相手と取引をする「専用」という方法があります。

「今は何らかの理由で買えないけれど、必ず買うので他の人に売らないで欲しい」という時に使う機能です。

つまり「お取り置き」ですね。

ところが、せっかくお願いして「専用」にしてもらったにもかかわらず、商品が他の購入者の手に渡ってしまう事があるのです。

何故、そのような事が起きてしまうのでしょうか。

横取りの横行にはメルカリのルールに秘密がある?!

メルカリ上級者には常識な事なのですが、実はメルカリでは専用を横取りしてもルール違反にはならないのです。

少し驚いてしまう事象ですが、これはメルカリ事務局が「独自ルールを認めていない」からなのですね。

「専用」も独自ルールですが、「コメントなしの購入禁止」なども独自ルールに当てはまります。

いくら出品者が「これは○○様専用です」と明記したとしても、メルカリの正式なルールではないので、ルール違反には該当しません。

専用になっていたとしても、他の購入者に買われてしまったら、出品者はその購入者に商品を発送しなければいけないのです。

スポンサードリンク

横取りの対応策はないの?!

折角「専用」にしてもらったのに、他の購入者に横から持って行かれてしまってはたまりませんよね。

横取り行為への対応策はないのでしょうか。

出品者だった場合

専用にしていたにも関わらず、本来売る相手とは違う人に購入されてしまった場合は、その人に事情を説明するしか方法がありません。

その相手が納得してくれれば、購入をキャンセルして貰えるので、本来売る約束をしていた人へ商品を送ることが出来ます。

しかし、中には出品者の考えなどおかまいなしに商品を購入する人もいます

その場合には「独自ルールを設けるのはメルカリルール違反だ」と逆に指摘をされてしまったり、商品の購入を取り下げてもらえなかったりすることもあります。

購入者だった場合

これは、もう手も足も出ません。

出品者がどうするのかを見ていくしか方法がないのです。

横取りをしてきた相手が購入を取り下げてくれなければ、商品を諦める必要が出てきます。

おわりに

いかがだったでしょうか。

「横取り」と言うと、とても悪い事に聞こえてしまいますが、メルカリのルール上は違反行為ではないのですね。

中には最初に「専用」にと言ってくれた購入者を優先し、横取り相手を無視して、専用にしてくれた人へ商品を発送してくれる出品者もいます。

しかしそれは「支払いをしても発送をしない悪質な出品者」としてペナルティを受けてしまう恐れがある危険な行為

横取り行為は、決して褒められた行為ではありませんが、「専用」がルールとして正式に認められている物ではないことを念頭に置いて取引をしてくださいね。

関連記事>>>【メルカリのトラブル】商品が届かない場合はどうなる?対処法を調査!

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、「いいね」もしくは「シェア」していただけますと幸いです^^